男性の下半身の悩みは包茎のことが多い

男性の下半身に関する悩みで多いのが、包茎です。で、包茎を克服するのにいちばん効果的な方法は、包茎手術をすることです。

包茎治療というのは、大体包皮を切り除けることが中心になるのです。しかし、露茎だけが目的なら、これのみならず色々なやり方で、露茎させることができるのです。裏スジとも称される包皮小帯が、通常より短いという場合は、包皮がたいして長いわけでもないケースでも、包皮が亀頭を覆っているのが当たり前になっているという人も多くいるとのことです。早漏を抑制する為に包皮小帯を切り取ってしまう手術をする場合があります。これは、包皮小帯を切除してしまうと感度が悪くなることから、早漏防止にも好影響を及ぼすからだと考えられます。

人間の皮膚については引っ張っても大丈夫ですから、包皮の口が狭いが為に包茎になっているのであれば、その皮膚の習性を上手に利用して包皮の口部分を大きくしていくことにより、包茎治療を成し遂げることもできると聞いています。

露茎になりたいなら、包茎治療も別の方法があります。亀頭サイズを薬液にてアップさせて亀頭が皮の中に隠れないようにしたり、身体内に埋まっている男根を体の外に引き出すなどがあると聞かされました。勃起とは関係なく、さっぱり皮を剥けない状態を真性包茎と言っています。少々でも剥くことが可能な時は、仮性包茎だと言われます。

ただし、保険を利用することができる専門の医者で包茎治療をお願いしても、ごく簡単な包茎手術を施されるために、仕上がりが良くありません。いわゆる手術痕が目立ってしまうことになります。

一方、保険は効かないけど、クリニックでの包茎手術をすれば、

決定的に違うのが、見た目の仕上がりの良さになるわけです。

そこらあたりについては、手術の見た目を重視するのか、あくまでも包茎を克服することを優先するのかで違ってきます。